Fourrier Gevery-Chambertin Clos St.-Jacques VV 2008

フーリエ 2008 ジュヴレ・シャンベルタン・クロ・サン・ジャック VV

パーカー96点!「比較できるとしたらルーミエのアムルーズ」(RWG誌)

リアルワインガイド誌が、「今現在のブルゴーニュにおいて、トップのワイン」というドメーヌ・フーリエ。2008年も非常に高い評価を得ました。1級クロ・サン・ジャックは「比較するとしたらルーミエのアムルーズ」!

 
リアルワインガイド31号より

「さあフーリエだ。ここの08年の試飲が楽しみで仕方なかった。当日は久しぷりにジャン・マリー・フーリエ本人が居て応対してくれたが、彼のワインに対するひと言ひと言の説明や、その他の話など、真面目で、誠実で、人の良さがヒシと伝わってくる。

そして08年のフーリエのワインは、あの伝説的な07年と同等かそれよりほんの少しだけ劣る。劣ると言っても素晴らしい品質だ。ちょっと濃いめに仕上がった07年に比べ、08年は明らかに薄め。全てのワインが薄旨エキス系のワインとなっており、うま味がしっかりと乗りグリップもあり、高い酸はもちろんなく、パツグンの味わいバランス。そしてナチュラルで、ピュアで、きのこと大地の風味は健在。08年も実に見事なワインに仕上がっている。

ところでフーリエから是非書いてくれと頼まれたことを。彼のワインの開け方だ。ロウキャップだが、ロウは剥がさずにそのままソムリエナイフを刺して、普通のワインと同じように開けれぱ簡単に開きます、と。」

 

ジュヴレ・シャンベルタン・1er クリュ・クロ・サン・ジャック VV 2008
リアルワインガイドのコメント(今飲んで93点、ポテンシャル94点)
「香りをひと嗅ぎした瞬間、このワインはとても優れたこれまでのワイン達と次元が異なることを思い知らされる。ミネラルの本当の塊であり、うま味にあふれ、深遠で複雑極まりない素晴らしい香り。味と品質はもう完全にグランクリュ。それも並のグランクリュではなく、素晴らしい品質のそれ。液体はエレガントだが味が深く、複雑でもう涙が出てきそうだ。これは08年1erワインのトップの1本。比較出来るとしたらルーミエのアムルーズか。<10年06月試飲>  」

パーカーのコメント(96点)
「このワインにはクールでミネラル的な果実と表現力豊かなブーケに全ての感覚を奪われる。天にも昇る心地の全体的なバランスは言うに及ばず、驚異的な緊張とエネルギーがある。一緒に試飲した2009年とはそのスタイルは全く異なっている。両方とも傑出したワインであるが。2008年はこのヴィンテージとしては内向的なワインで、熟成までかなりの忍耐が必要だろう。予想される飲み頃は2023-2033年。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下0.5センチ)の状態は良好です。

$559.99