sqn-logo-m

Sine Qua Non Grenache The Gorgeous Victim 2017 (Pre-Arrival)

シン・クア・ノン 2017 グルナッシュ・ザ・ゴージャス・ヴィクティム(予約販売)

パーカー98-100点!超優良ヴィンテージを思わせる2017年シン・クア・ノン!

2017年のシン・クア・ノンはワイン・アドヴォケイト誌でシラーが97-100点、グルナッシュが98-100点という超ハイスコアとなっています。近年にない最高のヴィンテージが予想されます。

2014年秋にバイクの大事故により九死に一生を得たシン・クア・ノンのオーナーのマンフレッド・クランクルでしたが、その後車椅子での長いリハビリを経て、ようやく復活してきたようです。

パーカーのコメント(98-100点)
「2017年のグルナッシュはブレンドが終わり8月にはボトリングされる。ブレンド比は
76% グルナッシュ
10% ムールヴェードル
9% シラー
3.8% プティ・シラー
1.2% ヴィオニエ

産地の畑は
46% クムラス・エステート
29% イレブン・コンフェッション・エステート
6% モリー・アイーダ・エステート
17% ザ・サード・ツイン・エステート
2% ビエン・ナシード・ヴィンヤード

そして23%フレンチオークの新樽、48%古樽(サイズは様々)、29%がコンクリート槽で23ヶ月熟成させており、46%(ほぼグルナッシュ)は全房発酵させている。

ミディアムからガーネット/紫色で、この若く、巨大なグルナッシュはグラスから爆発するかのようで、赤いバラ、シナモンスティック、ライラック、砕いたブラックチェリー、チョコレートボックス、アニス、低木、ドライハーブなどの香りは信じれず、ラベンダー、土、スモークした肉などが穏やかに波のように押し寄せる。
フルボディで信じれないほどシルキーな質感、退廃的なフルーツの味わいには驚くほどのフレッシュさと響きがあり、フィニッシュでは多層的な香りと挑発的な味わいと噛み応えがあり、それらは全房発酵に由来している。「魔法」としか言い様がない。1225ケースと600本のマグナムが造られる予定だ。」

 

シン・クア・ノン
カリフォルニアの最上のシラー、グルナッシェ、デザートワインの作り手と言えるでしょう。オーナーでワインメーカーのマンフレッド・クランクル氏は鬼才という言葉がぴったりの人で、それほどワイン造りの経験があるわけではないのに、超高品質なワインを生み出しているのです。

シン・クア・ノンを有名にしているのが毎年ボトルデザイン、ラベルデザインがガラッと変わってしまうこと。一見しただけではどこのワインか全くわからないのです。通常はラベルなどのブランドイメージを何とか確立しようとがんばるものですが、ここにはそんな常識は通用しないようです。しかもラベルやボトルのデザインはクランクル氏自らが行っているというのですから、ワインメーカーというよりはデザイナーかアーチストといった方がいいくらいです。

 

予約販売です。当社到着は2020年4月頃を予定しています。

なお本年10月に消費税の10%への引き上げが見込まれていますが、もし予定通り引き上げられた場合、消費税はワインが日本に到着時の税率で支払い義務が生じるため、発送時に現行(8%)との差額(2%)のご負担をお願い致します。

$349.99