Joblot Givry Clos de la Servosine 1er Cru 1990

ジョブロ 1990 ジヴリー・クロ・ド・ラ・セルヴォワジーヌ・1er・クリュ

パーカー91点「ブラインドで飲んだらコート・ドール最上の特級と間違えるかもしれない!」

 コート・シャロネーズにおける銘醸地のタイトルを、小さいながらもメルキュレイと争うジヴリーで、その絶対王者と言われるのがジョブロです。

ドメーヌが所有するブドウ畑の総面積は14haほどで全てジヴリーのアペラシオンにあります。ドメーヌの特徴は、白で45%、赤で60%という、ジヴリーでは珍しいほど高い新樽比率。もちろん無闇に新樽を使っているわけではなく、それに十分耐え得る濃縮度のブドウを収穫しているから可能なことです。樽工房はサン・ロマンの名門フランソワ・フレールです。
コート・ドールのワインすらひれ伏すほどの濃密さと力強さを備えたジョブロのジヴリーですが、このワインについてパーカーは「ブラインド試飲すればコート・ドールの最上の特級と間違えるかもしれない」と語っています。

 

パーカーのコメント(91点)
「このワインは目を見張るほどの光を通さない深い紫色で、強烈で、相対的に成長していないプラム、ローストしたナッツ、ミネラル、スパイシーな新樽の香りがある。豊満さ、多次元的な質感が詰め込まれており、爆発するかのような長いフィニッシュがある。退廃的なほどのレベルにある果実味のおかげで今でも飲めるが、かなりの量のタンニンがあるため、あと1-2年セラーで熟成させるとさらに複雑さとニュアンスを増すと思われる。これはブルゴーニュ・ラヴァーがケースで買うべきワインだ。
1990年ジヴリーのセリエール・オー・モワンヌとセルヴォワジーヌはこの素晴らしいヴィンテージの赤のブルゴーニュで最高のバーゲンとも言うべきワインだ。
もしブラインドで飲まされたら、コート・ドール最上の特級と間違えられるのではないだろうか。小売店の棚から消える前に急いで買いに走れ!ジョブロはジヴリーの絶対王者であり、ワイン造りにおいて長足の進歩をしている。1990年からは濾過も行っていない。」

 

ラベル、キャップ、液面(コルク下2.5センチ)とも状態は良好です。

$119.99