Opus One 1986 (Minor Damaged Cap)

オーパス・ワン 1986 (小キズキャップ)

スペクテーター95点 古典的なオーパス・ワンの傑作ヴィンテージの1つ!

1979年がファースト・ヴィンテージのオーパス・ワン。ムートンのバロン・フィリップとロバート・モンダヴィのジョイント・ベンチャーとして誕生し、当時としては例外的に最初から高価なプレミアムワインの生産を目指しました。デビュー以降、1996年までは安定した評価を勝ち取り、カリフォルニアのワイン産業に高級ワインという新ジャンルを定着させた大立役者となりました。
 しかし1997年以降、オーパス・ワンは不調に陥ります。フランス風の造りをするのか、カリフォルニア流でいくのか、社内でワイン造りの方向性に衝突があった時期です。
 さらに映画「モンドヴィーノ」にも描かれたモンダヴィ社の南仏への進出失敗により、モンダヴィ家内で経営方針を巡って父と子の対立が顕著となりました。
 そして2004年にはついにモンダヴィ家はロバート・モンダヴィ社の株式をコンステレーションズ・ブランズに売り渡し、ロバート・モンダヴィ・ワイナリーともオーパス・ワンとも縁が切れてしまいます。

 1986年はモンダヴィ家がかかわったオーパス・ワンの古典的なヴィンテージではベストの一つです。

 

ワインスペクテーターのコメント(95点)
「驚くほどリッチで凝縮しており、美しいカラント、プラム、ブラックチェリー、ハーブ、スパイスの香りが層を成し、このワインをエレガントで、シャープな輪郭を持つものとしている。タンニン、堅牢さから言って、熟成に耐えるワインだが、今でも美味しく飲める。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランのブレンド。」

 

80年代のカリフォルニアワインではよく見られますが、キャップシールにサビが出ているところがありますので、右上の写真をクリックしてご確認ください。ラベル、液面(コルク下2.0センチ)の状態は良好です。

【参考】楽天販売価格 ¥75,384 (2017/8/16)

$479.99