Alfred Gratien Brut 1990

アルフレッド・グラシアン 1990 ブリュット

パーカー93点 読売新聞紙上でも「驚くべきフレッシュ感」と絶賛!

2012年10月の読売新聞ワインニュースで、この1990年、1997年、1998年、1999年の4ヴィンテージのアルフレッド・グラシアンの垂直試飲が行われた記事がありました。中でもこの1990年は「驚いたのは90年のフレッシュさ。シャルドネの美点を存分に引き出した切れ味、繊細さに、熟成がもたらす優雅な調和と星屑をちりばめたような複雑さ。外観も若々しく、メゾンの実力を示した。」と大絶賛されました!

 

読売新聞 ワインニュース 「驚くべきフレッシュ感、アルフレッド・グラシアン1990年」 (2012年10月18日)(記事はすでにサイトからは削除されています)
「シャンパーニュの一次発酵をすべて小樽で行う数少ないメゾン、アルフレッド・グラシアンの販売部長オリヴィエ・デュプレ氏が来日し、ミニ垂直試飲会が行われた。

 エペルネの街中に本拠を置くアルフレッド・グラシアンは1864年に創業。ジェジェ家4代目のニコラが2007年から醸造責任者を務める。一次発酵に小樽しか使わないネゴシアン・マニピュランは、クリュッグとここだけ。協同組合シャブリジェンヌから購入した4~5年落ちの228リットルの樽を20年程度使用する。年間生産量は30万本。

 使うブドウの62%は一級と特級畑。自社畑比率は25%と高くはないが、100年以上続く栽培農家との関係から、優れたブドウを購入しているという。一番搾りのキュヴェのみを使い、区画ごとに醸造する。伝統的な手法にこだわり、瓶内熟成に使うのは天然コルクのみ。長期熟成を目指すため、マロラクティック発酵は回避する。

 試飲したのは1999、98、97、90年の4ヴィンテージ。99の希望小売価格は1万2000円。99のブレンド比率はシャルドネ63%、ピノ・ノワール17%、ピノ・ムニエ20%。ややオークのニュアンスを感じるが、熟した果実を感じさせ、ナッティでクリーミィ。98年は酸が高く、スムーズな舌触りとミネラル感。97年は丸く、モカや白トリュフの香りがはじける。今が飲みごろ。

 驚いたのは90年のフレッシュさ。シャルドネの美点を存分に引き出した切れ味、繊細さに、熟成がもたらす優雅な調和と星屑をちりばめたような複雑さ。外観も若々しく、メゾンの実力を示した。

 「天然コルクは王冠と違って、ゆっくりと熟成が進む。マロラクティック発酵をしていないので、フレッシュな酸が保たれている。小樽で一次発酵させることで、酸化に強いワインが生まれる。それらがきれいに熟成する理由だ。99年は98年より暑く、果実が熟した。今飲んでバランスが良い」とデュプレ氏。」

 

パーカーのコメント(93点)
「グラシアンの1990年は(65%シャルドネ、10%ピノ・ノアール、25%ピノ・ムニエ)は白いフルーツとトーストのアロマがある。絶妙にバランスが取れ、エレガントで、下支えする洋ナシ、リンゴ、イースト、クリームのフレーバーがふんだんに感じられる。このクラシックで、熟成する価値のあるワインで(私はグラシアンの60年代のものをテースティングしたが、さらに素晴らしく熟成する可能性がある)、今飲んでも、適切なセラー管理すれば15年以上の長命さも期待できる。」

 

アルフレッド・グラシアン (葉山考太郎著 「辛口/軽口 ワイン辞典」から)
「シャンパーニュ地方最後の手作りシャンパン・ハウス。樽で発酵させるし、手回しで澱を落とす昔風の作りをする。NV(ノンビン)でさえ、リンゴのすっきりした香りが鼻から肺までしみわたり、口の中でプチプチはじける元気な泡と複雑で濃厚な味わいは絶品。ステータスの高さではドンペリを凌ぐプロ好みのシャンパンだ。」
究極の選択
「『これから5年間、無人島で一人で暮らさなければならない。ワインは金額に関係なく1種類だけ持ち込めるとしたら』、私の場合、二種類ならアルフレッド・グラシアンのNVとギガルのラ・ムーリンヌ1988年にするけれど、一種類だけとなると、やたら難しい。選ばないと死ぬんなら、んー、グラシアン・・・か」

 

 

アルフレッド・グラシアン 
1964年創業と歴史あるシャンパン・ハウスですが、巨大なモエ・エ・シャンドン社の対極を行っているかのようです。小さな旧式の醸造所で、骨董品みたいな道具を使って、偏屈ジイサンが勘をたよりに極上モノをほんのわずか作っている感じです

伝統的なシャンパーニュの製法に徹底的にこだわり、現在でも発酵、熟成は小樽で行い、熟成は法定期間の倍以上。ルミアージュ(シャンパンを回転させながら滓を瓶の口に集める作業)まで全行程手作業なのはもはやここだけです

グラシアンのオーナー、セイドー家はあのクリュグ家の親戚にあたり、当主のジャン・セイドーは、第二次世界大戦で負傷したクリュグ家の当主ジョセフ・クリュグに代わって、クリュグのシャンパン作りを監督していたほどです。

非常にプロ好みのシャンパンで、フランスでも大人気。アラン・デュカスやピック、ジョルジュ・ブランなど三ッ星レストランの御用達になっています。

 

ラベルに若干のめくれがありますが、キャップ、液面とも状態は良好です。

$159.99