champagne
フランス (シャンパーニュ)

フランスが世界に誇るスパークリングワインの産地がシャンパーニュ。スパークリングワインとしてはその格式、伝統、人気とも世界最高峰です。クリュグ、サロン、クリスタル、ドン・ペリニヨンなど有名どころから、小規模で個性的なシャンパーニュを作るレコルタン・マニュピュランまで、世界の愛好家を惹きつけてやみません。

!

Alfred Gratien Brut 1990

!

アルフレッド・グラシアン 1990 ブリュット

パーカー93点 読売新聞紙上でも「驚くべきフレッシュ感」と絶賛!

2012年10月の読売新聞ワインニュースで、この1990年、1997年、1998年、1999年の4ヴィンテージのアルフレッド・グラシアンの垂直試飲が行われた記事がありました。中でもこの1990年は「驚いたのは90年のフレッシュさ。シャルドネの美点を存分に引き出した切れ味、繊細さに、熟成がもたらす優雅な調和と星屑をちりばめたような複雑さ。外観も若々しく、メゾンの実力を示した。」と大絶賛されました!

 

読売新聞 ワインニュース 「驚くべきフレッシュ感、アルフレッド・グラシアン1990年」 (2012年10月18日)(記事はすでにサイトからは削除されています)
「シャンパーニュの一次発酵をすべて小樽で行う数少ないメゾン、アルフレッド・グラシアンの販売部長オリヴィエ・デュプレ氏が来日し、ミニ垂直試飲会が行われた。

 エペルネの街中に本拠を置くアルフレッド・グラシアンは1864年に創業。ジェジェ家4代目のニコラが2007年から醸造責任者を務める。一次発酵に小樽しか使わないネゴシアン・マニピュランは、クリュッグとここだけ。協同組合シャブリジェンヌから購入した4~5年落ちの228リットルの樽を20年程度使用する。年間生産量は30万本。

 使うブドウの62%は一級と特級畑。自社畑比率は25%と高くはないが、100年以上続く栽培農家との関係から、優れたブドウを購入しているという。一番搾りのキュヴェのみを使い、区画ごとに醸造する。伝統的な手法にこだわり、瓶内熟成に使うのは天然コルクのみ。長期熟成を目指すため、マロラクティック発酵は回避する。

 試飲したのは1999、98、97、90年の4ヴィンテージ。99の希望小売価格は1万2000円。99のブレンド比率はシャルドネ63%、ピノ・ノワール17%、ピノ・ムニエ20%。ややオークのニュアンスを感じるが、熟した果実を感じさせ、ナッティでクリーミィ。98年は酸が高く、スムーズな舌触りとミネラル感。97年は丸く、モカや白トリュフの香りがはじける。今が飲みごろ。

 驚いたのは90年のフレッシュさ。シャルドネの美点を存分に引き出した切れ味、繊細さに、熟成がもたらす優雅な調和と星屑をちりばめたような複雑さ。外観も若々しく、メゾンの実力を示した。

 「天然コルクは王冠と違って、ゆっくりと熟成が進む。マロラクティック発酵をしていないので、フレッシュな酸が保たれている。小樽で一次発酵させることで、酸化に強いワインが生まれる。それらがきれいに熟成する理由だ。99年は98年より暑く、果実が熟した。今飲んでバランスが良い」とデュプレ氏。」

 

パーカーのコメント(93点)
「グラシアンの1990年は(65%シャルドネ、10%ピノ・ノアール、25%ピノ・ムニエ)は白いフルーツとトーストのアロマがある。絶妙にバランスが取れ、エレガントで、下支えする洋ナシ、リンゴ、イースト、クリームのフレーバーがふんだんに感じられる。このクラシックで、熟成する価値のあるワインで(私はグラシアンの60年代のものをテースティングしたが、さらに素晴らしく熟成する可能性がある)、今飲んでも、適切なセラー管理すれば15年以上の長命さも期待できる。」

 

アルフレッド・グラシアン (葉山考太郎著 「辛口/軽口 ワイン辞典」から)
「シャンパーニュ地方最後の手作りシャンパン・ハウス。樽で発酵させるし、手回しで澱を落とす昔風の作りをする。NV(ノンビン)でさえ、リンゴのすっきりした香りが鼻から肺までしみわたり、口の中でプチプチはじける元気な泡と複雑で濃厚な味わいは絶品。ステータスの高さではドンペリを凌ぐプロ好みのシャンパンだ。」
究極の選択
「『これから5年間、無人島で一人で暮らさなければならない。ワインは金額に関係なく1種類だけ持ち込めるとしたら』、私の場合、二種類ならアルフレッド・グラシアンのNVとギガルのラ・ムーリンヌ1988年にするけれど、一種類だけとなると、やたら難しい。選ばないと死ぬんなら、んー、グラシアン・・・か」

 

 

アルフレッド・グラシアン 
1964年創業と歴史あるシャンパン・ハウスですが、巨大なモエ・エ・シャンドン社の対極を行っているかのようです。小さな旧式の醸造所で、骨董品みたいな道具を使って、偏屈ジイサンが勘をたよりに極上モノをほんのわずか作っている感じです

伝統的なシャンパーニュの製法に徹底的にこだわり、現在でも発酵、熟成は小樽で行い、熟成は法定期間の倍以上。ルミアージュ(シャンパンを回転させながら滓を瓶の口に集める作業)まで全行程手作業なのはもはやここだけです

グラシアンのオーナー、セイドー家はあのクリュグ家の親戚にあたり、当主のジャン・セイドーは、第二次世界大戦で負傷したクリュグ家の当主ジョセフ・クリュグに代わって、クリュグのシャンパン作りを監督していたほどです。

非常にプロ好みのシャンパンで、フランスでも大人気。アラン・デュカスやピック、ジョルジュ・ブランなど三ッ星レストランの御用達になっています。

 

ラベルに若干のめくれがありますが、キャップ、液面とも状態は良好です。

$139.99

Barons de Rothschild Rose N.V

!

バロン・ド・ロートシルト N.V. ロゼ

ボルドーのロスチャイルド3家による新シャンパーニュ!シャルドネを贅沢に使用!

ボルドーの3つのロスチャイルド家がパートナーシップを組み、ロスチャイルド家の名を冠した、至高のシャンパーニュを誕生させました!

Ch.ムートン・ロートシルトを所有する『バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド』、Ch.ラフィット・ロートシルトの『ドメーヌ・バロン・ド・ロスチャイルド』、そしてCh.クラーク・ロートシルトの『バロン・エドモン・ド・ロスチャイルド』、この3つのロスチャイルド家が2004年に立ち上げた全く新しいシャンパーニュのプロジェクトです。

コート・ド・ブラン地区の中でも最高の区画である特級畑を中心としたブドウを使い、4年間熟成させてからリリースされるプレミアムシャンパーニュで、各シャトーの公式晩餐会でも振る舞われます。4年の熟成期間を経てリリースされるため、初登場は2009年です。

コート・デ・ブラン地区とモンターニュ・ド・ランス地区のグラン・クリュとプルミエ・クリュのブドウのみ使用。いずれも信頼おける栽培農家と長期契約を結び、収穫は手摘みで行われます。
                 
ロゼはシャルドネ85%、ピノ・ノアールとピノ・ムニエ合わせて15%の品種構成となっています。

 

*通常のシャンパーニュと比べ、高いシャルドネの使用比率が特徴。
*リザーブワインを贅沢に40%使用。
*ドサージュは約6%と軽めに行います。
*デゴルジュマン後、6ヶ月間セラーにて休ませます。
*瓶詰め後、4年間の長期熟成を経て出荷されます。

 

ラベル、キャップ、液面とも状態は良好です。

$74.99

Deutz Vinotheque Brut 1982

!
ドゥーツ 1982 ヴィノテーク・ブリュット

マドンナが愛飲するドゥーツの特吟もの!

元々は2人のドイツ人によって設立されたドゥーツです。1996年にルイ・ロデレールがメゾンを買収しました。ルイ・ロデレールから着任したファブリス・ロセ氏が、1993年ヴィンテージ以降は「アムール・ド・ドゥーツ」を最高級品として商品化しました。

1993年以前はプレステージ・シャンパン「ウィリアム・ドゥーツ」と、最良年のピノとシャルドネを主体のいわゆる特吟もの「ヴィノテーク」がフラッグシップです。

 

歌手マドンナの愛飲するドゥーツ
歌手のマドンナがこのメゾンの大ファンであることは有名です。有名人が好きなシャンパンとしては田中康夫やマライア・キャリーが好きな「クリスタル」が有名ですが、このドゥーツが好きというマドンナはかなりいい趣味をしていますね。もっともマドンナが愛飲しているのはドゥーツの中でも「アムール・ド・ドゥーツ」という上級のキュヴェです。

しかしドゥーツにはさらに特別なキュヴェがあります。創立者の名前をとった「キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ」です。1959年に原型が出来上がり、1961年にデビューし、最新の2002年までわずか17ヴィンテージしか造られていないという実にスペシャルなシャンパンです

読売新聞のウェブサイトのワインコーナーの「シャトー訪問記(上)」および「(下)」このドゥーツが2回にわたり取り上げられました(すでに記事はサイトから削除されています)。その中で、このキュヴェ・ウィリアム・ドゥーツを評して

「スタイリッシュな食前酒として素晴らしいし、フォアグラ、ロブスター、エキゾチックなソースの白い肉にも合います。フィネスとバランスを重んじるドゥーツのコンセプトを最も良く表現したキュヴェです」

 

ドゥーツ
1838年にウィリアム・ドゥーツとピエール・ユベール・ゲルテルマンの二人によりシャンパーニュ地方のアイ村に創立されました。1860年後半より2代目ルネ・ドゥーツとアルフレッド・ゲルデルマンにより海外マーケットへ進出し。イギリス、ドイツ、ロシアへと販路をひろげていきました。

年間平均生産量は7万5,000ケースとシャンパン・ハウスとしてはかなり生産量が少ないほうです。また生産量の60%近くが、その年のブドウだけで造るヴィンテージ・シャンパンというのも異彩を放っています。

創業以来家族経営を続けてきましたが、1993年にルイ・ロデレールの傘下に入りました。その後、ロデレールが96年に送り込んだCEOのファブリス・ロセ氏は積極的な設備投資を行い、ドゥーツの品質の高さをさらに向上させました。ドゥーツは、格式あるAssociation of Grandes Marquesの最古のメンバーの一つですが、確固とした独自のスタイル、「調和された完璧なフィネスと複雑味」を持つシャンパンハウスです。

180ヘクタール(444エーカー)ある畑は、シャンパーニュ地区の最良のクリュにあり、厳格な選定が行われた最高級のブドウのみ使用しています。ドゥーツ社は自社畑を42ヘクタール持ち、必要なブドウの35%を賄っています。
ブジー、アンボネイ、アヴィズ、クラマンより畑の格付け比率はピノノワ-ルが99%、シャルドネ98%、ピノムニエをあわせても平均で97%に達しています。
ワインは、歴史あるアイ村の白亜質土壌に造られた、静寂を保つ3キロに及ぶ天然のハウスセラーでゆっくりと、細心の注意のもとに熟成させられます。

 

ロバート・パーカー 「ワイン・アドヴォケイト誌180号」より
「私はここ数年、ドゥーツのシャンパンを飲んでいなかったので、今回の試飲に際し、コレほどの質の高さを痛感するとは思いもしていなかった。

1992年以降、ドゥーツはルイ・ロデレールが所有しているが、ドゥーツの唯一無二の個性を失う危険を避ける事を望んだルゾー家の希望により、ロデレール所有のグループ内で唯一、独立した運営が成されている。

ドゥーツのシャンパンは全てマロラクティック発酵が成されており、若くして飲んでも美味しく、更に熟成も可能な、磨き抜かれた、クリーミーなスタイルのシャンパンを生み出す。」

 

 ラベル、キャップ、液面とも状態は良好です。

$319.99

J. Lassalle Brut Cuvee Angeline 1985 (Minor Damaged Label)

!

J. ラサール 1985 ブリュト・キュヴェ・アンジェリーヌ (小キズラベル)

パーカー96点!それゆえ関係者すらも驚いた小さなRM!

キュヴェ・アンジェリーヌ・ブリュット
故ジュール・ラサール氏の孫娘の名前を冠するキュヴェ・アンジェリーヌは、作柄の良い年にしか生産されないピノ・ノワールとシャルドネから造られるプレステージ・シャンパーニュで、J・ラサールのまさに看板娘です。

プルミエ・クリュのシャルドネ(60%)とピノ・ノワール(40%)のみを用いた、柔らかく華やかで表現力豊かな逸品です。山本昭彦氏著の「死ぬまでに飲みたいシャンパン30本」の中にも選ばれています。 

 

パーカーの評価(96点)
「1985年キュヴェ・アンジェリーヌは目を見張るようなブーケがあり、フランスの有名なスイーツ、タルト・タタンを思わせる。熟して、バターのようで、リンゴの香りがあり、細かい泡は絶妙なもので、長い余韻があり、リッチな中間部とフィニッシュのためにここ数年に私が飲んだシャンパーニュの中で、もっとも衝撃的なシャンパーニュと思われる私がシャンパンについてレビューをするのは、ケタ違いのボトルに出会った時だけであるということを読者の方々は覚えておいて欲しい。
この小さなブティック・シャンパンハウスのラッサールがリリースした3つのシャンパンは凄すぎる物だ。高価格ではあるが、偉大なシャンパンほど複雑でフィネスのあるスパークリングワインは世界には存在しない。」

「シャンパンのすべて」(山本博著)より
1985年にロバート・パーカーが96点という高得点をつけ、『傑出』のグループに入れたので関係者を驚かせた。さらに2001年の秋にはアメリカのワイン・スペクテーター誌がクリュッグと同じ93点をつけ、翌年の同誌のシャンパン部門でも最高得点を取り、2年連続の栄冠で一躍注目を浴びるミニ・メーカーのひとつになった。」

 

J・ラサール
J・ラサールは故ジュール・ラサール氏が1942年に設立した、レコルタン・マニピュラン (RM)と呼ばれる家族経営のシャンパンハウスです。ロバート・パーカーの「ワイン・バイヤーズ・ガイド」ではクリュグ、ボランジェ、ルイ/ロデレール、サロン、テタンジェなどと並ぶ5つ星の最上評価を受けているシャンパンハウスのひとつです。しかし生産量の約70%が昔からの個人顧客に直接、販売されているため、市場にはあまり出まわりません。

シニー・レ・ローズ村に所有する畑はプルミエ・クリュとグラン・クリュのみで、リュット・レゾネ農法(低農薬農法)を行っており、ジュール・ラサール氏亡き後は娘のシャンタル・デゥセール・ラサール女史とその母親が伝統的方法を守り続けています。

J・ラサールで栽培しているブドウはシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3種類ですが、シニー・レ・ローズ村はシャンパーニュで最も素晴らしいピノ・ムニエ種の産地といわれており、多くの大手シャンパン・メーカーがこの村のピノ・ムニエを購入しています。

その味わいはリンゴや洋梨の非常にみずみずしい香りと、しっかりとした肉厚なボディと果実味が感じられ、美しい酸と余韻のバランスは他のシャンパーニュを圧倒します。

ワイン・スペクテーター誌では、NV部門において、J・ラサールのCuvee Preference BrutがあのKrugと同点の93点で並び、最高点を獲得しています。

  

ラベルに破れ、擦りキズ等がありますので、右上の写真をクリックしてご確認ください。
キャップ、液面の状態は良好です。

$269.99

Michel Jacquot Cuvee Prestige 2005

!
ミシェル・ジャコ 2005 キュヴェ・プレスティージュ

ブドウの出来の良い年にだけ造られる特選品!

ミシェル・ジャコは日本ではほとんど知られていませんがコート・ド・バールのアイユヴィル村にある造り手です。

キュヴェ・プレスティージュはフラッグシップで、ブドウの出来の良いヴィンテージにだけ造られるシャンパンです。

 

ラベル、キャップ、液面とも状態は良好です。

$119.99

Nicolas Feuillatte Brut Cuvee Palmes d'Or 1992

!

ニコラ・フィアット 1992 ブリュット・キュヴェ・パルム・ドール

出来の良い年しか造られないフラッグシップ!

ニコラ・フィアットは、創始者が現存する唯一のシャンパン・メーカーです。

18歳の若さで渡米したニコラ・フィアット氏は、コーヒー豆の輸入で大成功。1960年代に故郷で畑を譲り受けたことからフランスに帰国し、1976年、独自のシャンパンブランドをつくることを決意しました。そしてシャンパーニュ地方で最も先進的と言われる醸造設備からパッケージまで、常に一流を目指してきた彼の情熱とセンスに加え、伝統的な知識と経験を取り入れることで、ニコラ・フィアットのこだわりのシャンパンが完成します。

ブームの火付け役はアメリカのジェット・セッター(自家用飛行機で仕事やプライベートで世界を飛び回るお洒落なお金持ちの人々)たち。そして、「ブリストル」、「ギー・サヴォア」、「ドルーアン」をはじめとするパリの高級ホテルやレストラン、また近年ではエールフランス、シンガポール航空、ANAなど、多くの航空会社で採用されています。

そしてニコラ・フィアットの看板シャンパーニュがこのキュヴェ・パルム・ドール!ブドウの出来が並外れて優れた年にしか造られない、ニコラ・フィアットの実力と創造性を物語るプレステージ・シャンパーニュです。パルム・ドールとは「金賞」という意味で、その名の通りまぶしいほどエレガントな味わいを誇ります。

使用されるブドウは傑出したピノ・ノアールが造られることで定評のブージー村のピノ・ノアール50%(もちろんグランクリュ)(世界最高のロゼであるドン・ペリニヨン・ロゼのブレンドには3分の2がこのブージー村のピノが使われています)に、何ヶ所かのグランクリュ、プルミエクリュのシャルドネをブレンドし、さらにモングーの畑のシャルドネを少量加えます。このモングーの畑はグランクリュでもプルミエクリュでもないただのACシャンパーニュですが(そのためパルム・ドールはグランクリュでもプルミエクリュでもなくなる)、このモングーの畑を隠し味的に入れることがシャンパーニュ造り40年のセラー・マスター、ジャン・ピエール・ヴァンサン氏のこだわりです。

ピノ・ノアールによる豊潤でリッチな味わいに、絶妙にブレンドされたシャルドネがアクセントとなり、エレガントの余韻を演出します。深みのあるゴールドの色調にシトラスやバター、トースト等の複雑で芳醇な香り。豊かで濃厚、繊細な味わいは、バランスに優れ、後口はとてもエレガントです。しかも出荷されるのは8年間の熟成を経てから。まさに調和あふれる完成されたシャンパーニュでしょう。

独特のボトルはニコラ・フィアットがお気に入りだったアンティークのカラフをモデルにして造られました。表面の凹凸はシャンパンの泡をモチーフにしたもので、ルックス、味ともシャンパーニュで最もスタイリッシュな美酒と言えるでしょう。

 

ラベル、キャップ、液面の状態は良好です。

$269.99

Philippe Fourrier Brut Rose N.V.

!
フィリップ・フーリエ N.V. ブリュット・ロゼ

レアなフィリップ・フーリエのロゼ!

フィリップ・フーリエはコート・ド・バールのオーブの谷にあるバロヴィル村が本拠地で、1847年から5代続く名門メゾンです。現在コート・ド・バールに18haを所有しています。

ロゼは生産量が少なく、ほとんど流通していません。

ラベル、キャップ、液面とも状態は良好です。

$69.99

Veuve Clicquot Brut Rose Reserve 1990

!

ヴーヴ・クリコ 1990 ブリュット・ロゼ・リゼルヴ

四半世紀を超えて、今なお最高のヴィンテージ1990年!

世界で初めてロゼを世に出したクリコが良年にのみ造るロゼ・リゼルヴ!

「管理人も試飲しました。色は枯れたオレンジ色を思わせますが、濃い色をしています。泡立ちもまだ十分にあり、熟成して丸みを帯びた全体像が印象的です。収穫後26年経過していますが味わいも力強いです。」

クリコはロゼ・シャンパーニュを初めてリリースしたハウスとして歴史にその名を残しています。1775年にスイスへ初輸出してロゼ・シャンパーニュで有名になり、それ以降クリコは良い収穫年にロゼ・シャンパーニュを造り続けています。

クリコのロゼ・リゼルヴは、特別に優れた作柄年に造られる、ヴィンテージ・シャンパーニュです。ちなみに、1990年代におけるヴィンテージ・ロゼの名高い年は、1990、1995、1996、1998年です。実際このシリーズは、1999年ヴィンテージから「ロゼ・リゼルヴ」から「ヴィンテージ・ロゼ」と名称変更されています。

ロゼ・リゼルヴは、白のヴィンテージ・シャンパンと同じブレンドに、ブージィの自社畑から収穫された赤ワインを15%程度加えて造られます。

 

ヴーヴ・クリコ
1772年にランスの銀行家で衣料商だったフィリップ・クリコが多角事業を行う企業を「クリコ」の社名で設立したのが起源です。

その後、息子のフランソワがシャンパン造りに熱中したのですが、若くして病死してしまいます。最愛の息子を失ったフィリップはワイン事業を売却するるもりでしたが、フランソワの未亡人ニコルが経営を引き継ぐことを決心し、シャンパン事業と他の事業を切り離し、1810年に「ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン」と改名することで本格的にシャンパンを生産していきます。

彼女の成功の鍵の一つは、当時、誰もが四苦八苦していた澱のない透明度の高いシャンパンを、いち早く完成させたことでした。それはシャンパンの製造過程で、ピュピートル(pupitre)と呼ばれる穴のあいた台に、ボトルの頭の方を下にして差し込み、数週間の間、毎日少しずつ回転させる方法(ルミュアージュ)を考案したのです。

その後、彼女は大胆で想像力と行動力で、シャンパンを世界の王室にプレゼントするなどしてシャンパンを世界に広めました。特にロシア宮廷へはマダム自ら精力的に売り込み、その味わいが評価されてロシアの上流階級はクリコしか飲まないとまで言われるほどになりました。

ヴーヴ・クリコを長年にわたって率いたマダム・クリコは、28才で未亡人となりました。当時のフランスでは、女性が働くことはタブーでしたが、生計を立てるために、未亡人だけは特別に男性と並んで、社会的に働くことが認められていました。もし、夫が長生きしていたら、偉大なシャンパン・メゾン、ヴーヴ・クリコはこの世に存在し得なかったかもしれません。

彼女は89歳で亡くなりましたが、フランスの美徳と、すばらしい料理とワインの楽しみ方を世界に残しました。1987年ヴーヴ・クリコ社は「ルイ・ヴィトン」と合併し、現在、LVMHグループの一員として強固な国際ネットワークをもっています。 

 

ラベル、キャップ、液面の状態は良好です。

$139.99